×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メンソールクリスタルはペパーミントから結晶化して取り出したものです。
水には解けず、アルコール等の有機媒体に溶ける、とあります。(油も有機媒体です。)

有機化合物の一種で(有機化合物とは、炭素の原子を基本に持つ化合物のことです。)
メンソールにもいろんな形が混ざっています。(異性体と言います。)
分子の化学式はC10H20Oというかなり大きなものですね。
これは常温でも昇華して いくそうですので(昇華とは、個体からそのまま気体になってしまうこと)
かなり壊れやすい分子だと思います。
苛性ソーダに入れると壊れてしまいそうですね(^^;)

やり方としては、水には溶けませんので、油に入れて、湯煎で溶かして使うのが良いそうです。

ただし、禁忌事項があります。(効能の方はご存知かと思いますので、省きますね。)
皮膚に対する刺激も強いですし、冷却感を促すのですが、それと同時に気体になる時に 気化熱というものを体から奪って行きます。
ですから、実際に冷えたりいたします(^^;)
また、その刺激性から妊娠中の女性、2歳以下の幼児には使わないこと、という注意事項もあります。
そのままの状態で目に入った時には、炎症を起こす可能性もあります。(よく洗い流して下さい。)

実際にお使いになる時には、油脂の合計量の1%以下で使用するのが良いようです。
ただ、油に入れて苛性ソーダと反応させる訳ですから、多少は壊れて行くと思います。
ご自分でお使いになりながら、あれこれパーセンテージを試してみるのも良いかと思います(^^)


余談ですが、関西方面で放送されている「探偵ナイトスクープ」という番組があります。
ここにハッカ油(メンソールが含有されています。)を主原料とした入浴剤のエピソード
がありまして、キャップ3杯を入れたお風呂に探偵さんが入りました所、
ものの15分も しないうちに体中ががたがた震えだし、お湯を浴びても「冷たいわっ!!」
と大騒ぎにな り、しまいには毛布をかぶって、コタツに入ってもしばらく暖まらない、
という事態になっておりました。
メンソールの実力を思い知った瞬間でした(^^;)